ホーム Knowledge Base DV

DV

 
DV compatibility mark

DVは1995年に公開され、ビデオカメラレコーダの先進的な製品に力を尽くし、デジタルビデオを保存するフォーマットである。

 

DV 仕様

ブルーブックはオリジナルDVの仕様で、IEC 61834ファミリーの標準に標準化された物である。これらの標準はPart 1で物理的なビデオカセット、記録変調方式、磁化、基本的なシステムデータなどの共通の特徴を定義した。Part 2は525-60 と 625-50システムを指定していた。IEC 標準はIECからANSIに購入するために、出版物の著作権を設立した。

 

DV 圧縮

DVは非可逆圧縮のビデオを使用し、圧縮されていないオーディオを格納する。イントラフレーム映像圧縮方式は離散コサイン変換(DCT)の方式でビデオを圧縮する。

ITU-R Rec. 601標準に基づき、DV ビデオは13.5 MHzの輝度サンプリング周波数のインターレーススキャンを採用する。この結果で、480スキャンラインは60 Hz システムを完成し、576スキャンラインは50 Hz システムを完成する。二つのシステムで、アクティブエリアは一つのスキャンラインに720ピクセルがあり、704 ピクセルは内容に利用され、16のピクセルは左側のデジタル空白に利用される。同じフレームサイズは全画面にする4:3のアスペクト比とワイドスクリーンの16:9アスペクト比に利用される。

前のDCT圧縮について、多くのデータの圧縮を拒否するために、クロマサブサンプリングはソースビデオに提供する。Baseline DVは60 Hzのバリアントで、4:1:1のサブサンプリングを使用し、50 Hzのバリアントで、4:2:0のサブサンプリングを使用する。DVの低彩度解像度は一つの原因で、このフォーマットは時にクロマのキーアプリケーションに使用しない場合もある。

オーディオは次の二つの形式で保存できる: 48 kHz サンプリングレート(768 kbit/s チャンネル、1.5 Mbit/s のステレオ)の16-bitリニアPCMステレオ、32 kHz サンプリングレート(384 kbit/s チャンネル、1.5 MBit/sの四つのチャンネル )の四つの非線形の12-bit PCMチャンネル。


 

デジタルインタフェースフォーマット

オーディオ、ビデオ、メタデータは150-ブロックシーケンスに多重化する80-バイトのデジタルインタフェースフォーマット(DIF) ブロックにパッケージ化される。DIFブロックはDVストリームの基本的な単位で、パソコンのファイルとして未加工形式或いはAudio Video Interleave (AVI)、QuickTime (QT) とMaterial Exchange Format (MXF)のフォーマットの中にラップされたままで保存される。ビデオフレームは走査速度に応じる10或いは12シーケンスから生成され、その結果、ビデオのデータレートは25 Mbit/sになり、オーディオのデータレートは1.5 Mbit/sになったのである。テープに書き込む時、一つのシーケンスは一つのトラックに対応する。

Baseline DVはアンロックオーディオを採用する。サウンドはビデオに同期する三分の一のフレームをプラス/マイナスする可能性がある。これはオーディオ・ビデオ同期の最大ドリフトであり、レコーディングによりコンパウンドできないなのである。


 

バリアント

SonyとPanasonicは各自の所有権があるDVを製造した。これらのDVは同じ圧縮技術を採用したけど、堅牢性、リニア編集機能、演色とラスタサイズの方面で改善した。
DVCPRO Progressive以外のすべてのDVバリアントはインターレースビデオストリームでテープにレコードされる。フィルム状のフレームレートはプルダウンの使用ができる。P2メモリーカードにレコードする時、DVCPRO HDはネイティブプログレッシブ形式をサポートする。


DVCPRO

DVCPRO compatibility mark

DVCPRO25として世間に知られるDVCPROはPanasonicに開発されたDVの変更で、電子ニュースの収集(ENG)の機械に応用され、1995年にリリースされた。

Baseline DVと違い、DVCPROは発生損失を減少するために、50 Hzと60 Hzバリアントのロックオーディオと4:1:1のクロマサブサンプリングを使う。オーディオは16-bit/48 kHzの精度で利用できる。

テープにレコードする時、ドロップアウト誤差の可能性を減少するために、DVCPROはbaseline DVの18 μm vs. 10 μmの広いトラックピッチを採用する。二つの追加の縦方向トラックはオーディオ.cueとタイムコード•コントロールにサポートを提供する。baseline DVよりテープの転送は80%速く、レコード時間も短いから、長時間の再生モードは必要ない。


DVCAM

DVCAM compatibility mark

1996年に、SonyはDVCAMという自社のプロフェッショナルバージョンのDVをリリースした。オーディオの同期ドリフトを回避するために、DVCPROと同じく、DVCAMはロックオーディオを採用する。テープにレコードする時、DVCAMはbaseline DVより50%広くの15 μm のトラックピッチを採用する。テープへの転送はDVより50%速く、レコード時間を三分の一ほど減少できる。広いトラックとトラックピッチにより、DVのフレームでの編集と異なり、DVCAMはフレームを精確的でテープ編集に挿入できる。


DVCPRO50

DVCPRO50 compatibility mark

DVCPRO50は高価値の電子ニュースの収集とデジタル映画のために1997年にPanasonicにリリースされ、二つのDV-コーデックの活躍として紹介される。DVCPRO50はビデオデータレートを50 Mbit/sに倍する。これにより、記憶媒体のレコード時間は半減できる。クロマの解像度は4:2:2のクロマサブサンプリングを採用することに改善した。DVCPRO50は多くの高解像度ビデオを要求しない製品に採用される。例えば、BBCはDVCPRO50を使って、Space Race (2005)とAncient Romeなどの高予算のTVシリーズをレコードする。これとよく似ているフォーマットのD-9はJVCに提供され、1993に公開されたSonyのDigital Betacamと2001に公開されたMPEG IMXを含める VHS.Comparable フォーマットとしての同じフォームファクタがあるビデオカセットを採用する。


DVCPRO プログレッシブ

DVCPRO Progressive compatibility mark

DVCPRO プログレッシブはニュース収集、スポーツジャーナリズムとデジタルシネマのためにPanasonicに開発された物である。DVCPRO プログレッシブは4:2:0のクロマサブサンプリングと四つの16-bit 48 kHz PCM オーディオチャンネルでレコードするプログレッシブスキャンの480或いは576ラインを提供する。標準解像度から高解像度ビデオまでの遷移時間の間に、DVCPRO プログレッシブはHDV-SDのような中間形式である。このフォーマットはレコードと再生するために、六つのモードを提供する: 16:9 プログレッシブ (50 Mbit/s)、4:3 プログレッシブ (50 Mbit/s)、16:9インターレース(50 Mbit/s)、4:3インターレース(50 Mbit/s)、16:9インターレース(25 Mbit/s)、 4:3インターレース(25 Mbit/s)。このフォーマットは既にDVCPRO HDに置き換えた。


DVCPRO HD

DVCPRO HD compatibility mark

DVCPRO HDはDVCPRO100としてよく知られ、高解像度のビデオフォーマットで、同時に四つのDVコーデックを実行できると思われる。ビデオデータレートはフレームレートに応じ、24 frame/s モードで40 Mbit/sになり、50/60 frame/sモードで100 Mbit/sになれる。DVCPRO HDはDVCPRO50のように4:2:2のカラーサンプリングを採用する。DVCPRO HDは高解像度テレビの放送より小さなラスタサイズを採用する: 720pの960x720 ピクセル、1080/59.94i の1280x1080と1080/50i の1440x1080。 同じレベルのダウンサンプリングはほかのHDフォーマットにも応用される。HDSDIとよく互換するために、DVCPRO100は再生しながら、ビデオをアップサンプリングする。可変なフレームレート(4から60frame/sまで)はバリカムカメラで利用できる。DVCPRO HD機械は古いDV/DVCPROフォーマットの互換性を提供した。テープにレコードする時、DVCPRO HDはほかのDVCPROフレーバーと同じくの18 μmを利用する。長時間のバリアントの再生で、DVCPRO HD-LPは9 μmトラックピッチを使い、レコードの密度を倍する。DVCPRO HDはSMPTE 370Mとして体系化し、DVCPRO HDテープのフォーマットはSMPTE 371Mであり、P2カードでDVCPRO HDに使用するMXF Op-AtomフォーマットはSMPTE 390Mである。技術から見れば、DVCPRO HDはDVの直系の後輩であり、専門家しか使えないツールである。DVCPRO HDカメラに基づくテープはショルダーマウントバリアントのみに存在する。Digital-S (D-9 HD)はDVCPRO HDとほぼ同様で、DVCPRO HDに提供され、同じくのVHSのフォームファクタがあるビデオカセットを使用する。DVCPRO HDの競争相手はSonyが開発したHDCAMであり、同じ圧縮技術を使い、それ以上の高ビットレアートがある。

ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 36.5 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

Windows XP(或いはそれ以上) と Blu-ray Driveが必要

Mac ブルーレイ再生ソフトはこちら

ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 33.3 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

OS X 10.5+ と Blu-ray Driveが必要

Windows ブルーレイ再生ソフトはこちら

お問い合わせ

弊社のサポートチームにお問い合わせください。