ホーム Knowledge Base Indeo Video

Indeo Video

 

Indeo video (briefly Indeo) はビデオコーデックであり、Intelに開発され、それから、Ligosに販売した。Indeoはハードウェアなしで全速でビデオを再生できるから有名である。Indeo videoのオリジナルバージョンはIntelのビデオストリームフォーマット—DVIであり、テレビのビデオをコンパクトディスクに圧縮するハードウェアに対応するコーデックである。

 

詳細な説明

P5 Pentiumマイクロプロセッサを開発する間、Intel Architecture Labsは"Indeo Video"をマークする高画質のソフトウェア用のビデオコーデックを実装していた。公式な紹介によると、Indeo VideoはMicrosoft (Windowsのビデオ) と Apple Computerの QuickTimeソフトウェアを同時にサポートする唯一のビデオコーデックである。

オリジナルのIndeoコーデックは非対称で、デコードより、ビデオストリームのエンコードにより多くの計算をしていた。IntelのProShareビデオ会議システムはこのメリットを利用し、ハードウェア加速を使い、ストリームをエンコードし、任意のPC でストリームを表示できる。

Intelは1993と2000の間、基礎数学と様々な機能に基づき、多くの異なるコーデックのバージョンを生産していた。Indeo Video Interactiveはクロマキー透明性とホットスポットのサポートなどの新規の特徴を含めるウェーブレットに基づくコーデックであり、ビデオゲームに応用される。

Indeoは1990年代半ばに重要な用法を見なされていたけど、それは独自のままであった。Intelは開発を減速し、積極的なマーケティングを停止し、MPEGコーデックとほかのコーデックの開発を向上したことで自分の人気を上げていた。Indeoはまだビデオゲームカットシーンのビデオでいくつかの使用を見た。

公式のIndeo 5 デコーダはMicrosoft Windows、Mac OS Classic、BeOS R5とUnixのXAnim プレーヤーに対応する。バージョンの2、3、4、5はFFmpegにリバースエンジニアリングのデコーダがある。Indeo バージョン 3 (IV31 と IV32)、 4 (IV41) と 5 (IV50)はMPlayer と XAnimにサポートされている。Version 5.11はフリーウェアであり、32-bitのWindowsシステムのVistaに利用される。Version 5.2はXPのために作成され、Windows 95、98、ME、NT、2000 と XPに対応し、公式なウェブサイトから注文できる。このバージョンはIndeo Video 4.5 と Indeo Audio 2.5コーデックをサポートするけど、WindowsのIndeo XPのオリジナルをリリースした以来、バージョン 3.2ビデオコーデックは削除されていた。Indeo videoはWindows Vista と Windows 7にサポートされていないけど、次のコードをコマンドプロンプトに入力すれば、Indeoエンコードビデオを再生できるかもしれない: regsvr32 ir50_32.dll

ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 36.5 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

Windows XP(或いはそれ以上) と Blu-ray Driveが必要

Mac ブルーレイ再生ソフトはこちら

ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 33.3 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

OS X 10.5+ と Blu-ray Driveが必要

Windows ブルーレイ再生ソフトはこちら

お問い合わせ

弊社のサポートチームにお問い合わせください。