ホーム Knowledge Base Motion JPEG

Motion JPEG

 

Motion JPEGとはM-JPEG 或いは MJPEGに略称され、マルチメディアPCアプリケーションに対し、開発されたフォーマットである。M-JPEGにあるデジタルビデオシーケンスのビデオフレームとインターレースフィールドは別々にJPEGイメージに圧縮される。今日、Motion JPEGはデジタルカメラ、IPカメラ、ウェブカメラなどのビデオキャプチャデバイスとノンリニアビデオ編集システムによく利用される。M-JPEGはSafari、Google ChromeとMozilla FirefoxなどのブラウザーとQuickTime PlayerとPlayStationコンソールにサポートするネイティブを楽しめる。

 

Encoding

Motion JPEGは離散コサイン変換(DCT)に基づき、イントラフレーム圧縮の非可逆形を採用する。この数学演算は空間(2D)ドメインから周波数ドメイン(別名変換ドメイン)にビデオソースのフレーム/フィールドを変換する。人間の心理視覚システムに基づく知覚モデルは高周波情報と色相を切り捨てる。変換領域の中に、情報の削減処理は量子化と呼ばれる。普通の言葉で、量子化は多数規模を削減する最適化な方法であり、それに、高周波係数の原因んで、変換領域は、イメージの便利な表現でもある。高周波係数はほかの係数より以上のイメージに役立つ点が少なく、高い圧縮率と低価値はその特徴である。量子化係数はロスレスとシーケンスで出力のビットストリームにバックされる。ほぼ全部のM-JPEGのソフトウェアの導入は以上の圧縮比を許可し、使用者は画像の質量を落とすことで、ファイルサイズを削減できる。エンベデッドアプリケーション(DCT-圧縮技術のような技術を使用するminiDV)で、パラメータは事前に選択され、固定される。

M-JPEGはイントラフレームのみの圧縮技術(フレーム間予測の集中的な技術と比べ)である。MPEG1、MPEG2 と H.264/MPEG-4 AVCのような現在のフレーム間のビデオフォーマットは1:50或いはそれ以上の現実世界の圧縮比に達成し、圧縮出力にある空間的なアーチファクトのトレランスに応じ、M-JPEGのフレーム間予測の欠如はその効率を1:20或いはそれ以下に制限する。フレームは独立で圧縮されるから、M-JPEGはハードウェアデバイスに低処理と必要メモリを付け込む。

純粋なイントラフレーム圧縮方式として、M-JPEGの画質は各ビデオフレームの静的(空間)の複雑さの直接的な関数である。大スムーズトランジションやモノトーン表面があるフレームがうまく圧縮され、目に見える圧縮アーチファクトがあるオリジナルの詳細を保持する可能性がある。複雑なテクスチャー、細い曲線と直線(例えば新聞に書き込みなど)を示すフレームはリンギング、スマッジング、およびマクロブロッキングなどのDCT-アーティファクトを展示する傾向がある。M-JPEGの圧縮ビデオはモーションの複雑さと時間経過の変化には敏感しない。これは高度なランダム運動に邪魔されないと同時に、また動きの欠如に助けられる事もない。この二つの反対の極端はフレーム間のビデオフォーマットのテストに使用される。

QuickTimeフォーマットに対し、アップル会社はコーディングの二つのタイプを定義していた: MJPEG-AとMJPEG-B。MJPEG-Bは既に有効なJPEG Interchange Fileを保持しないから、ヘッダーを変更しないと、MJPEG-BはJPEGファイルにフレームを取る可能性がないということである。

 

メリット & デメリット

メリット

十分に発達なライブラリがある成熟の圧縮規格(JPG)を使うために、実装するのは簡単であり、圧縮のイントラ方法でもある。

ビデオストリームの急速な変化を許容し、ビデオコンテンツは、各フレームの間で大きく変化する時、フレーム間圧縮を使う圧縮方式は品質の損失を容認しない経験を提供する。

M-JPEGは標準化団体ではなく、市場導入プロセスから登場していたから、M-JPEGは広範なクライアントサポートを支持する。他に、ネイティブサポートやプラグインを提供するほとんどの主要なWebブラウザやプレイヤーは使用可能である。

計算的なインテンシブではないから、最小限のハードウェアが必要する。


デメリット

MPEG-2のような国際規格で指定されたビデオフォーマットとJPEG静止画符号化の規格で指定された形式とは違い、“Motion JPEG”の完全明細書として認識される単一の正確な形式を定義するドキュメントがない。これで異なるメーカーから出力するファイルの互換性の問題を提起していた。

JPEGはJPEG 2000 と H.264/MPEG-4 AVCなどの現在のフォーマットと比べ、同等の品質を提供するために、より多くのビットを使用するから、効率は低くなる。1990年代初にオリジナルJPEG規格の開発以来、技術の向上は、インターフレーム圧縮を可能にした。技術の向上は変換係数値の周波数領域の予測を使用するH.263v2 Annex I と MPEG-4 Part 2の設計に見られる。また、最初のJPEGデザインが開発された時より、空間予測及び適応変換ブロックサイズ技術と洗練されたエントロピー符号化を使用するH.264/MPEG-4 AVCからも技術の向上は見られる。これらのM-JPEGを作成する技術は明らかに時代遅れと低効率である。

ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 36.5 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

Windows XP(或いはそれ以上) と Blu-ray Driveが必要

Mac ブルーレイ再生ソフトはこちら

ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 33.3 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

OS X 10.5+ と Blu-ray Driveが必要

Windows ブルーレイ再生ソフトはこちら

お問い合わせ

弊社のサポートチームにお問い合わせください。