ホーム Knowledge Base RealVideo

RealVideo

 

RealVideoは1997にRealNetworksに開発され、2008にバージョン10にアップデートしていた。これは所有権のビデオ圧縮フォーマットのスイートである。RealVideoはWindows、Mac、Linux、Solarisと多くの携帯電話で実行できる。よくRealAudioと一緒に使用され、RealMedia (.rm)にパッケージ化されるために、RealVideoはストリームメディアフォーマットに適用する。

 

技術

最初のRealVideoは1997に公開され、H.263に基づくフォーマットである。あの時、RealNetworksはプレスリリースを発行し、RealVideo Fractal Codec を含めるIterated Systems' ClearVideo技術を所有すると宣言していた。しかし、ClearVideoに対するサポートはRealVideoの次のバージョンに完全に消えていた。

独自のビデオフォーマットのRealVideo 8までに、RealVideoはH.263を使っていた。RealVideoコーデックは四つのコードからなっている。RV10 と RV20はH.263に基づくコードであり、RV30 と RV40はRealNetworksの独自のコードである。これらのコードは混乱を招きやすく、多くの人はRV10はRealVideo バージョン 10に意味すると思って、実は、RealVideoの最初のバージョンはRV40を使用している。

real-timeストリーミングを促進するために、RealVideoとRealAudioは常にコンスタントビットレートエンコーディングを使い、同じ数量のデータを毎秒にネットワークに発信される。最近、RealNetworksはRealMedia Variable Bitrate (RMVB)という可変ビットレートを紹介していた。RMVBはより良い画質があるけど、特定のビデオストリームが必要とするどのくらいのネットワーク容量を予測することは困難であるため、ストリームへの適用はよくない。速い動きや急速に変化するシーンのビデオは高いビットレートを要求する。ビデオストリームは著しく増加する場合、ネットワークにデータを転送する速度を超え、ビデオの中断を起こす可能性がある。

RealNetworksによると、RealVideo と RealAudioはRPSLライセンスのソースコードで利用できないと宣言されていた。ソースコードはサポートされていないプロセッサとオペレーティングシステムに商業移植するために、RCSLライセンスでしか利用できない。RealNetworksはRealVideo と RealAudioの多くの知的所有権を所有し、RealNetworksは、これらのコーデックの特定の側面のためにサードパーティの技術のライセンスを取得した。RealNetworksはオープンソースライセンスでの技術のライセンスを取る権利がないと宣言していた。

IETF に開発されるReal Time Streaming Protocol (RTSP)を利用するネットワークをにより、RealVideoはRealMediaファイルとストリームに再生される。しかし、RealNetworksは接続をセットアップと管理するだけのために、RTSPを利用する。実際の映像データは独自で所有のReal Data Transport (RDT) プロトコルと一緒に送信される。この方法でRealVideoとほかのプレーヤーとソフトウェアの使用は困難であったから、この方法はよく非難されていた。しかし、オープンソースのMPlayerプロジェクトはRDTストリームを再生できるソフトウェアを開発した。

ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 36.5 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

Windows XP(或いはそれ以上) と Blu-ray Driveが必要

Mac ブルーレイ再生ソフトはこちら

ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 33.3 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

OS X 10.5+ と Blu-ray Driveが必要

Windows ブルーレイ再生ソフトはこちら

お問い合わせ

弊社のサポートチームにお問い合わせください。