ホーム Knowledge Base WMV

WMV | Windows Media Video

 
Windows Media Video
Filename Extension .wmv
Internet Media Type video/x-ms-wmv
Developed by Microsoft
Uniform Type Identifier com.microsoft.windows-media-wmv
Type of format Video file format

WMVはMicrosoftに開発されたWindows Media Videoの略称であり、いくつかの独自のコーデックに応じるビデオ圧縮フォーマットである。オリジナルビデオフォーマットはWMVとして知られ、RealVideoのライバルであり、インターネットストリーミングアプリケーションに対するデザインされた。映画テレビ技術者協会(SMPTE)から標準化を通じ、WMV9はHD DVD と ブルーレイディスクのような物理的な配信フォーマットに採用された。

 

コンテナフォーマット

WMVファイルはほとんどの場合でAdvanced Systems Format (ASF)コンテナフォーマットにカプセル化される。.wmvはWindows Media Video コーデックを使用するASF ファイルを説明する典型的な拡張子である。Windows Media Videoに内蔵するオーディオコーデックは典型的なWindows Media Audioのバージョンであり、時には、非推奨のSipro ACELP.netオーディオコーデックでもある。MicrosoftはWindows Mediaではないコーデックを内蔵するASFは汎用の.asf拡張子を使用すると奨める。

ASFコンテナは楕円曲線暗号鍵交換、DESブロック暗号、カスタムブロック暗号、RC4ストリーム暗号とSHA-1ハッシュ関数のコンビネーションを使用するデジタル著作権管理を必要に応じてサポートすることができる。

WMVはASFコンテナフォーマットに内蔵する以外、Matroska[6] 或いは AVI コンテナフォーマットに内蔵する場合もある。その結果、ファイルは.mkvと.aviのそれぞれの拡張子がある。一般的なWMVをAVIファイルに保存する方法はWMV 9のVideo Compression Manager (VCM)コーデックインプリメンテーションを使用することである


Video compression formats

Windows Media Video

Windows Media Video(WMV)はWMVファミリ内、一番使用されたビデオ形式です。このWMVはMicrosoft Windows Media Videoコーデックのみに使用されると思われる。MPEG-4 AVC、AVS、RealVideoとMPEG-4 ASPはWMVの主なライバルである。WMV 7はコーデックの最初のバージョンで、1999年にリリースされ、MPEG-4 Part 2のMicrosoftの実装に内蔵された。より新たなコーデックバージョンの独自の開発に続き、WMV 9までにビットストリーム構文は凍結されていない。WMVの全てのバージョンは可変ビットレート、平均ビットレート、固定ビットレートをサポートし、WMV9はインターレースビデオ、非正方形ピクセル、フレーム補間のネイティブサポートなどの大事な機能を紹介していた。WMV 9はまたWindows Media Video 9 Professionalという新しいプロフィールも紹介した。このWMV 9 Professionalはビデオ解像度が300,000ピクセル(528x576、640×480、768x432とそれ以上)、ビットレートが1000 kbit/s(参照だけ)を超えると、自動的にアクティブ化する。720pと1080pのような高解像度なビデオコンテンツを目標にする。

WMV9にある簡単でメインなプロファイルレベルはVC-1仕様にある同じなプロファイルレベルを互換できる。VC-1のこの先進的なプロファイルは「Windows Media Video 9 Advanced Profile」という新たなWMVコーデックに実装する。このプロファイルはインターレースコンテンツの圧縮効率を向上し、トランスポートに依存しなく、MPEGトランスポートストリームまたはRTPパケットフォーマットにカプセル化できる。しかし、このコーデックはWMV 9コーデック以前のWMVを対応しない。

WMVはオンラインストアとデバイス及びPortable Media Center デバイスの PlaysForSureに対する必須のビデオコーデックである。Windows Media Playerがある Microsoft Zune、Xbox 360、 Windows Mobile及び多くの非認定デバイスはこのコーデックをサポートする。WMV HDはMicrosoftにより指定された品質レベルの認証プログラムにWMV 9の使用を指定する。WMVはMicrosoft Silverlightプラットフォームのビデオコーデックのみ対応していたけど、バージョン3からH.264コーデックにもサポートされている。



Windows Media Video Screen

Windows Media Video Screen (WMV Screen)はスクリーンキャストのコンテンツを専門にするビデオフォーマットである。このフォーマットは再生中の画面の内容をキャプチャできるし、ビデオをサードパーティ製のスクリーンキャプチャプログラムからWMV 9 Screenファイルにも変換できる。ソースマテリアルが静的て、小さいカラーパレットを含んでいる時、このフォーマットはよく実行できる。ソースマテリアルの複雑さにより、コードは可逆と非可逆の間に切り替え、圧縮の効率を高める。

このコーデックに対する用法の一つはコンピュータステップバイステップのデモビデオである。WMV7 Screenはこのコーデックの最初のバージョンである。WMV 9 Screenは二番目のバージョンで、VBRエンコーディングをCBRに追加することをサポートする。また、Live Meeting 2007に使用するMSA1 ( “MS ATC Screen codec”或いは“MSS3”)というコードもある。フォーマットのFourCCはMSS1、MSS2とMSA1である。



Windows Media Video Image

Windows Media Video Image (WMV Image)はビデオスライドショーコーデックである。このコーデックは再生中、一連の画像にタイミング、パンやトランジション効果を追加することで実行する。このコーデックはWMV9(フルモーションビデオではなく、静止画像を保存するWMV Imageをつくファイルエンコードの静的な画像)よりも高い圧縮率及び画質を実現する。

コーデックはデコーダ(プレーヤー)に依存し、real-timeの中にビデオフレームを再生する以来、適度な解像度(1024 × 768解像度での30フレーム/秒)でWMVイメージファイルを再生するのは十分なコンピュータプロセッサーを必要とする。Photo Story 3に使用するコーデックの最新バージョンのWMV 9.1イメージは追加の変換効果を備えているけど、オリジナルのWMV 9イメージコーデックと互換できない。

WMV ImageをサポートするハードウェアはWindows Media Player 10 MobileのWindows Mobile、Portable Media Centerなどで利用できる。

国内にこのフォーマットをサポートするDVDプレーヤーはまだないから、DVDプレーヤーに再生される可能な材料を作成したいPhoto Story 3の使用者はDVDに焼く前に、MPEG-2に変換する必要がある。(MPEG-2での平均的なファイルサイズはwmvファイルの5、6倍である)



ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 36.5 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

Windows XP(或いはそれ以上) と Blu-ray Driveが必要

Mac ブルーレイ再生ソフトはこちら

ダウンロード
購入

バージョン: 3.0.1
サイズ: 33.3 MB

試用期間

Blu-ray Media Playerを購入する前、ダウンロードして試用できます。

OS X 10.5+ と Blu-ray Driveが必要

Windows ブルーレイ再生ソフトはこちら

お問い合わせ

弊社のサポートチームにお問い合わせください。